WHOIS History Lookupでドメイン名の履歴にアクセス  | WhoisXML API

WHOIS History Lookup:ワンクリックでドメイン名の所有履歴にアクセス

ドメイン名の所有者、レジストラ、ネームサーバーを含む過去のWHOISレコードを確認できます。 WHOIS History Lookを今すぐお試しください。詳細につきましては、プロダクトシートでご確認ください。

7億7,400万+のドメイン名を追跡
167億+のWHOISレコード
7,596以上のTLDとccTLDを追跡
52,000+のお客様にご満足いただいています

WHOIS History Lookupとは

WHOIS History Lookup は、当社が10年以上にわたって蓄積した過去のドメイン名情報を検索できるシステムです。1回の検索で、指定したドメイン名の所有権に関するデータに加えられた最新の3件の変更を追跡できます。

WHOIS History Lookupとは

WHOIS History Lookupの特長

  • 包括性

    WHOIS History Lookupは、指定したドメイン名の全WHOISレコードを返します。7,596のトップレベルドメイン(TLD)にまたがる167億件以上の過去レコードを収録したデータベースにアクセスします。

  • 信頼性

    当社はこれまで10年以上にわたりウェブを巡回し、情報を収集・蓄積してきました。WHOIS Historyのインテリジェンスは、その提供範囲と専門知識の幅を拡大し続けています。

  • 一貫性

    当社では、お客様がデータをそのまま使用できるよう、データを解析、構造化することに重点を置いています。そのため、全てのLookupレポートは一貫性があり解釈しやすくなっています。

  • 利用・共有のしやすさ

    WHOIS History LookupレポートにはカスタムURLが付属しているため、同僚やステークホルダーと簡単に共有できます。

実践的な活用法

サイバー犯罪捜査の強化

サイバー犯罪捜査の強化

  • 不審なドメインの過去の足跡を調べることで、そのドメイン名に関する捜査を深めることができます。
  • プライバシー保護されたドメイン名についても、過去の所有権の詳細を掘り下げます。
  • WHOIS History Lookupを利用して、ドメイン ポートフォリオ(過去と現在)を含む、攻撃者のプロファイルを作成できます。

過去の所有権を確認してドメイン名のレピュテーションを向上

  • 評判の悪いウェブサイト、IPアドレス、過去の登録者などとの関連付けにより、ドメイン名の評判が傷つく可能性があります。ドメインの履歴をできる限り遡って調べ、そのようなつながりを回避します。
  • SEOに最善を尽くしたとしても、評判の悪いドメイン名では機能しません。貴社が注目しているドメイン名の過去のデータを精査し、そのドメイン名が不正行為に関わったことがないかどうか確認してください。
  • 事業拡大のために取得を検討しているドメイン名の過去を調べると、ブラックリストに登録される可能性のある関連付けが存在していないかどうかを確認できます。
過去の所有権を確認してドメイン名のレピュテーションを向上
顧客、パートナー、競合他社について知っておくべきことをすべて把握

顧客、パートナー、競合他社について知っておくべきことを全て把握

  • 潜在的な顧客またはパートナーのドメイン名を調査することで、サードパーティ・リスクを軽減します。貴社のビジネスに影響を与える可能性のある隠された事実が明らかになるかもしれません。
  • 事前の調査なしにサードパーティベンダーにネットワークへのアクセスを与えないようにしましょう。そのベンダーのドメイン名に対してWHOIS History検索を実行し、信頼できるかどうかを判断します。
  • 競合他社についてできる限り多くのことを調べましょう。ドメイン名の過去のデータから全てがわかります。
WHOIS History Lookup | WhoisXML API

500 APIクレジットを無料で取得できます。クレジットカードは不要です。

スタート