WHOIS History Database | ドメイン名の過去の所有者を確認 | WhoisXML API

WHOIS History Database:過去のドメインデータを網羅した業界No.1データベース

12年以上にわたるデータ収集とパートナーシップによって構築された、包括的な過去のWHOISデータベースにアクセスできます。

WHOIS History Database:過去のドメインデータを網羅した業界No.1データベース
7億7,400万+のドメイン名を追跡
167億+のWHOISレコード
7,596以上のTLDとccTLDを追跡
52,000+のお客様にご満足いただいています

WHOIS History Databaseの特長

  • 網羅性

    7,596以上のトップレベルドメイン(TLD)にまたがる7億7,400万以上のドメイン名を追跡しており、167億件以上の過去のWHOISレコードを保有しています。 さらに多くの過去データが毎日データベースに追加されています。 

  • 信頼性

    当社のデータ収集方法は、12年以上にわたるデータクローリングの経験から完成されたものです。当社は正確で信頼性の高いWHOIS過去データのインテリジェンスをご提供します。

  • 適切な解析

    お客様がドメイン所有権の過去データを簡単に活用できるよう、当社のWHOIS History Databaseは適切な解析と構造化を経ています。そのため、既存のシステムに簡単に統合できます。

WHOISの過去データベースとは

ドメインヒストリーデータベースとも呼ばれる WHOISの過去データベースは、レコードが非公開化される以前の所有者の詳細情報や登録情報の変更履歴を追跡できるWHOISレコードのリポジトリです。

WHOISの過去データベースとは

実践的な活用法

サイバーセキュリティプラットフォームの強化

サイバーセキュリティプラットフォームの強化
  • 既知のサイバー犯罪者に関わるドメイン名から組織を保護します。ドメイン名の過去データベースをお客様のセキュリティシステムに統合して、悪意のあるアクターとドメイン名のつながりを見つけましょう。
  • サードパーティ・リスク評価および監視に、過去のWHOISレコードから得られる情報を追加します。WHOIS History Databaseをシステムに組み込めば、リスクの監視と管理がより堅牢かつ包括的になります。
  • 過去のドメイン所有権データを使用してサイバーセキュリティプラットフォームを強化します。過去データベースは、不審な登録者、既知の攻撃者、商標侵害者から顧客をを保護する上で有用です。現在のWHOISレコードが編集されたり、プライバシー保護のため非公開化されたりしている場合でも、過去データベースを使用すれば、歴史的に関係あるドメイン名にプラットフォームがフラグを立てられます。
  • WHOIS Historyでデジタルリスクからの保護を強化します。また、ディープウェブフォーラムやペーストビンにあるホスト名、IPアドレス、メールアドレスなどのIoC をコンテキスト化し、エンリッチメントとピボットクエリを実行することもできます。

ドメイン名投資とレジストラ活動の強化

  • 興味のあるドメイン名の過去の所有権記録を確認しましょう。歴史的な関連性は将来のドメインの売れやすさに影響を与える可能性があり、損失につながるリスクもあります。過去のWHOISデータベースを活用し、ドメインポートフォリオを構築してください。
  • 成功したドメイン名投資家の過去と現在のドメインポートフォリオを研究し、自らのドメインポートフォリオを充実させることができます。ドメインの過去データを使用すると、ドメイン名業界の傾向について洞察を得ることができます。
  • WHOISレコードの変更を監視することで、ドメイン所有権の移動に即座に対応できます。レジストラは、過去のWHOISレコードを調べることで、ドメイン名の移転と取得についてより適切な意思決定を行うことができます。
ドメイン名投資とレジストラ活動の強化
サイバー犯罪捜査の強化

サイバー犯罪捜査の強化

  • プライバシー保護のためのWHOISレコードの非公開化や編集は、サイバー犯罪捜査官や法執行官が最初に直面する障害の一つです。過去のWHOISフットプリントを調べることで、問題のあるドメイン名について詳しく知ることができます。
  • サイバー犯罪者は、法執行官やサイバー犯罪捜査官が捜査のきっかけとして使用できる固有の情報を持っています。何十億もの過去の WHOISレコードを持つWHOIS History Databaseは、捜査官に多くの手がかりと追加のデータポイントを提供できます。脅威アクターにつながるドメイン名など、捜査を進展させるさまざまなWHOIS情報が明らかになります。
  • 既知の脅威アクターのドメイン所有権を調査して、攻撃者のプロファイルを作成します。サイバー犯罪者の過去と現在のドメインポートフォリオから、特定のドメイン名の傾向を明らかにできます。複数のドメイン名に存在する一定のパターンを認識できるため、サイバー犯罪の解決にも役立ちます。
WHOIS Database | WhoisXML API

WHOIS History Databaseは、ニーズやユースケースに合わせて構成できます

価格やその他の詳細については、こちらからお問い合わせください。

データベースを注文